アイプレス

中小企業・士業・コンサルタント向けのホームページ制作

社長さんに知ってほしい、売上げにつながるIT活用I-press Blog

徹底的なヒアリング無くして、売上につながるホームページ無し

ホームページの制作を始めて約15年。

初めてホームページを作ったのは大学生のころ。
異業種交流会で知り合った方からのお仕事でした。

そのころは、ホームページを作るときのヒアリング内容は
・クライアントのお仕事内容
・クライアントのお客様はどんな方か
・ホームページに載せたい内容は何か
くらいでした。

ホームページに載せたい内容は、クライアント発信だったんです。
ホームページの内容はクライアントに全部書いてもらっていました。

クライアントの希望を聞いて、私はそれをホームページという形にするだけでした。
いま思うと、大変未熟でした。

しかし、15年も経験を積んでくると、やり方が変わってきます。

あれから15年。いまの私のホームページの作り方

まずはクライアントに成り代われるくらい、クライアントを知る

いまホームページを作るときは、まずは、クライアントのことを徹底的に知る努力をします。

お電話でご本人にヒアリングしたリ、クライアントのお客様にインタビューしたり。

どんなことを知ろうとしているのかというと、

・クライアントはどんなお仕事をしているのか
・クライアントのお客様はどんな方か(どんな方が理想か)
・クライアントのビジネスのスタートからゴールまでの流れ
・競合する企業はどこか
・どんな実績があるのか
・クライアントのお客様はどんな所を評価しているのか
・クライアントのお客様はどんなことで悩んでいたのか

などなど。

ここには書ききれませんが、たくさん聞きます。
他にも、その業界やお客様の競合会社のことを、独自に調査したりもします。

ビジネスのスタートからゴールまでの流れについては、クライアントによっては固まっていない時があります。
そんな時は、「こういう風にしたらどうですか?」とアイデアを出したり。

制作時には、クライアントのビジネスのことが、だいたいわかっている状態になっていることを目標としています。

ホームページの設計図を作る

全部の情報を集めたら、ホームページの設計図を作ります。

クライアント自身になったつもりで、

「自分がクライアントのビジネスをしているなら、ホームページはこう表現する」
「ホームページを母艦として、こんな流れでクライアントのお客様を増やしたい」

と考えながら設計図(レイアウト案)を作成します。
(この作業が結構好きです。)

もちろん、検索エンジン対策も含めて設計します。
せっかく魅力的なホームページを作っても、見てもらえなければ意味がないですからね。

根拠を持った提案をする

「こういう理由でこういうページを1枚作りたいので、こういう方向で文章を作ってもらえますか。」
と、内容についてもある程度アドバイスさせてもらっています。

いただいた原稿は、表現の改善や検索エンジン対策のため、こちらで多少リライトしたりも。
私がクライアントの業界について知識がある場合は、こちらで原稿の草案を作って、クライアントに肉付けしてもらうこともあります。

責任重大でも面白い。

この流れを見てお気づきかもしれませんが、これって私の能力や気づきが浅かったら、ある程度以上の良いものが出来ない作り方なのです。

ある程度というのは、基本的なホームページのことです。
ホームページ制作には定石のようなものがあるので、それに沿って作ればある程度のものはできます。

しかし、私はもう一歩踏み込んで、ちゃんと売り上げにつながるものにしたいのです。

だから、いつも責任重大だと思っています。
でも、すごくやりがいがあって面白いんです。

お客様も私をパートナーとしてみてくれているので、長いお付き合いになります。
長いお付き合いになると、私はお客様のことをより深く理解できますし、長い時間・歴史を共有しているので、提案の精度もどんどん上がっていくんです。

ヒアリングの結果、ホームぺージを作らない時も

ヒアリングの結果、当初ご相談があった規模のホームぺージを作らない時もあります。

「予算と時間をたくさんかけてホームぺージを作るよりも、〇〇をしたほうが売り上げにつながると思いますよ。
ホームページが無いのはまずいですが、あまりお金と時間をかけずにほどほどにして、その分の労力を〇〇にかけましょう。」

という提案をすることもあります。

目的はホームページを作ることではなく、売上を上げることですからね。

メールマガジン

週に1回、火曜日にメールマガジンを発行しています。
アイプレスの代表であり、この道15年のWEBコンサルタントの野田亜友弓が毎週書いています。
このページでは、過去にメルマガでお送りした記事の一部を公開しています。

メールマガジンの詳細・ご登録はこちら

著者写真

この記事を書いた人:野田亜友弓

株式会社アイプレスの代表取締役。 大学在学中に起業し、ホームページ制作・更新・管理、Jimdoデザインカスタマイズ、リスティング運用代行などを行う。 Web活用のセミナーなどでも登壇。 上級ウェブ解析士。 2017年7月から3年ほどアメリカ在住予定。