アイプレス

中小企業・士業・コンサルタント向けのホームページ制作

SEO対策検索エンジン最適化

SEO対策(検索エンジン最適化)とは?Search Engine Optimization

SEO対策とは、YahooやGoogleなどの検索エンジンで特定のキーワードで検索したときに、検索結果の上のほうに表示させ、よりたくさんの人にホームページを見てもらうことを目指すことです。

弊社はこの業界で10年以上SEOの仕事をしていますが、昔のSEOは本当に単純でした。「被リンク」がすべてだったからです。いかに、いろいろなホームページから自社のホームページにリンクしてもらうか、そのリンク元が関連業種であればなお良い、という世界でした。ページ内に、狙ったキーワードをたくさん詰め込むという手法もよく使われていました。

しかし、いまはまったく違います。

日本で使われている検索エンジンは、主にYahooとGoogleです。YahooはGoogleの検索エンジンをほぼそのまま使っているので、実質、Googleの検索エンジン対策がメインとなります。

Googleの考え方は簡単に言うと、「ユーザーに役立つ情報を上位表示させる」です。

この方針に沿って、「いかにユニーク(個性的)で、他にない、ユーザーに役に立つ情報を載せたホームページをつくるか」という考え方が大切です。

その上で、Googleなどの検索エンジンにきちんと伝わりやすいようにページを作成します。タイトルやディスクリプションタグもページごとに設定し、定期的にページを追加したり、中身を書き換えたりすることで、結果的に上位表示が実現できます。

また、ホームページがスマホ対応しているか、だれが書いているかなど、別の要素もSEOに関わってきます。そういったことにも1つ1つ対応します。

地味ですが、コツコツ誠実にホームページを育てていけば、かならずGoogleは評価してくれます。
一緒に頑張っていきましょう!

アイプレスで、できることI-PRESS

お客様のホームページを検索エンジンで上位表示させるために、以下のようなことをいたします。

  • 既存のホームページのチェック&改善
    SEOとして最低限のことが出来ていない場合、そこを変えるだけで順位が劇的に上がることがあります。
  • 上位表示すべきキーワードの選定
    お客様のお仕事内容をお聞きし、WEB上のデータも調べ、どういったキーワードで上位表示させるとよいかをご提案いたします。
  • 記事を書く際のキーワードリスト、ページテーマの提案
    あるキーワードで上位表示させたいと考えたとします。単にページ内にキーワードを連呼しても全く意味がありません。
    大事なのは事前調査と計画です。
    そのキーワードでに興味のある人はどんな人か、どんな悩みを持っているかを調査します。
    そして、どんなキーワード一緒に検索するかを調べます。
    さらに、そのキーワードで検索したときのライバルサイトの内容も確認します。
    そのデータをもとに、「ではお客様はどんな文章を書くと良いか」という事を計画、提案します。
  • ユーザーに役立つ情報を掲載したホームページを企画・作成
    お客様のお客様が必要としている情報は何でしょうか?それを調べ、お客様のお客様を満足させるコンテンツが盛りだくさんのHPを作成する、もしくは今あるHPにそういった要素を加えるという方向でSEO対策を進めることをおススメしています。(コンテンツSEOと言われている手法です。)
  • 上級ウェブ解析士として
    アクセス解析(無料ツール、Googleアナリティクス)を導入し、計画→実行→確認→改善 を進めます。

ホームページの状態は、さまざまです。
お問い合わせの際にURLを記載いただきましたら、どのような方針でSEO対策をするとよいか、ご提案させていただきます。

お気軽にお問い合わせください。


SEO対策の実績SEO

弊社でしている検索エンジン対策の実績をご紹介します。分かりやすいと思いますので、特にライバル(そのキーワードで出てくるHPの数)が多いものを抜粋しています。

検索エンジンのアルゴリズム(どういうものが上位表示されるかの仕組み)は日々変わっています。単発のSEO対策で一時的に上がることもありますが、やはり継続的に見させていただいているホームページのほうが順位が良いなという印象です。

1位~3位(Google、Yahoo)

  • 姿勢(2億2600万件中1位)
  • 多年草 生産販売(3990万件中1位)
  • 肩こり 治療(2140万件中1位)
  • 岐阜県 水中ポンプ 販売(2050万件中1位)
  • 狭窄症(1830万件1位)
  • ぎっくり腰 病院(1620万件中1位)
  • 五十肩(704万件中2位)
  • ぎっくり腰(639万件中1位)
  • 腰痛 ヘルニア(666万件中1位)
  • 五十肩 症状(464万件中1位)
  • 五十肩 治療(412万件中1位)
  • 帯状疱疹 神経痛 予防(382万件中1位)
  • 〇〇町 電気屋(361万件中1~3位)
  • 椎間板ヘルニア 治療(329万件中1位)
  • Jimdo デザイン 名古屋(292万件中1位)←自社サイト
  • 岡崎市 メガネ 購入(273万件中1位)
  • 鵞足炎(262万件中1位)
  • 神岡町 美容院(261万件中1位)
  • 墓石 地震対策 名古屋(253万件中1位)
  • 健診センター 津島市(250万件中1位)
  • クラブ式天井クレーン 工事(233万件中1位)
  • 頸椎ヘルニア(179万件中1位)
  • ISOコンサル 名古屋(157万件中1位)
  • 扶桑町 皮膚科(136中1位)
  • アキレス腱炎(106万件中1位)
  • 飛騨市 ヘッドスパ(44万件中1位)
  • 小型船舶免許 愛知(29万件中1位)
  • 児童発達支援 稲沢(18万件中1位)
  • 肩こり 病院(1640万件中2位)
  • レディースクリニック 名古屋(1560万件中2位)
  • サプリ クリニック(700万件中2位)
  • 雛人形 名古屋市(485万件中2位)
  • jimdo 名古屋市(53万件中2位)←自社サイト
  • 吹上 英語スクール(50万件中2位)
  • 膀胱炎 病院 名古屋(31万件中2位)
  • 蒲郡 板金(22万件中2位)
  • ヘルニア(1560万件中3位)
  • テニス肘(1230万件中3位)
  • ピル ネット(733万件中3位)
  • プライバシーマーク コンサルティング 愛知(430万件中3位)
  • 圧迫骨折(174万件中2位)
  • 名古屋 労組 弁護士(170万件中3位)
  • 豊前町 カフェ(130万件中3位)
  • ボート免許 名古屋(90万件中3位)

4位~10位(Google、Yahoo)

  • 腰痛(9680万件中4位)
  • 多年草 生産(6580万件中4位)
  • ひざの痛み 病院(2670万件中6位)
  • 肩こり 症状(2100万件中5位)
  • 名古屋 離婚(1240万件中4位)
  • 名古屋市 五月人形(1050万件中4位)
  • 名古屋 婦人科(755万件中7位)
  • WEBコンサルティング 名古屋(622万件中5位)←自社サイト
  • ヘルニア 手術(582万件中4位)
  • 坐骨神経痛(577万件中4位)
  • ランナー膝(392万件中4位)
  • 大型ジブクレーン 工事 (354万件中6位)
  • 名古屋 女性 税理士(269万件中7位)
  • ISOコンサルティング(230万件5位)
  • 豊橋 ケーキ屋(218万件中10位)
  • 名古屋 女医(156万件中4位)
  • 検索エンジン最適化 名古屋市(156万件中4位)←自社サイト
  • 名古屋 離婚 弁護士(140万件中5位)
  • 車 塗装 蒲郡市(110万件中4位)
  • 犬山市 皮膚科(98万件中7位)
  • 相続トラブル 名古屋(89万件中4位)
  • 膀胱炎 女医(82万件中4位)
  • 内科 津島市(63万件中7位)
  • 豊橋 経営コンサルタント(46万件中6位)
  • 車検 蒲郡(45万件中7位)
  • コンサート 司会 岡崎市(37万件中7位)
  • がん検診 津島市(44万件中4位)

  • などなど(2021年4月2日現在の順位)
    〇〇の部分には、複数の地名が入ります。

コラム:モバイルファーストインデックスって??

2016年冬、Googleは、「モバイルファーストインデックス」という方針を打ち出しました。

いままでは、一般的にも、検索エンジン対策的にも、パソコン版HPが主で、モバイル版HP(スマホサイト)が従の関係でした。パソコン版HPは充実しているけど、モバイル版HPは簡易的なものや、そもそも、存在しないということもよくあります。

世界的に、パソコンよりもスマホでホームページを見る人が増えている流れを受けて、この、主:パソコンサイト、従:モバイル(スマホ)サイト、の関係を逆転させるという方向になるようです。

スマホサイトの内容に基づいて、検索エンジンでの順位が決まってしまうのです。パソコンからの検索であっても、順位評価の基準となるのはスマホサイトになるということです。

レスポンシブデザインのホームページの場合は特に問題はありませんが、以下のような場合、問題が出てきます。

  1. パソコン版HPはあるけど、スマホ版HPは持っていない
    スマホからの検索のとき、検索順位が悪くなります。(モバイルフレンドリーアルゴリズム)
  2. スマホ版HPはあるけど、パソコン版HPよりもボリュームが少ない
    パソコンでの検索、スマホでの検索、両方の順位評価の基準が、スマホ版HPの内容となるので、せっかく作ったパソコンサイトは活かされません。スマホ版のホームページの内容の充実をしていく必要があります。

モバイルファーストインデックスの詳細はこちら