アイプレス

中小企業・士業・コンサルタント向けのホームページ制作

社長さんに知ってほしい、売上げにつながるIT活用I-press Blog

スマホサイトの表示スピードが検索順位に関連する?

スマホスマホでホームページを見るときって、隙間時間にパパっと調べものするという目的が多いですよね。
パソコンでホームページを見るときよりも、少しせっかちになりがちではないでしょうか。

Googleの調査でこんな結果が出ています(2016年3月)
スマホページが表示されるのに3秒以上かかると、見ている人の53パーセントは、ページを見るのを止めて、ブラウザを閉じてしまう。

そして、2018年の夏にGoogleはある変更をしました。
Speed Update(スピードアップデート)
スマホでの検索結果について、スマホページの読み込み速度を、検索順位を決める要素の1つにする。

というものです。

スピードアップデートという名前がついてるので、少しでも表示スピードが遅いホームページは、順位が落ちるのでは?と心配になりますね。
しかし、Googleは、

「スピードアップデートはユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません」

と発表しています。

さらに、こんなことも言っています。

「検索意図は依然として非常に強いシグナルですので、魅力的で検索クエリと関連性の高いコンテンツは、ページの読み込み速度が遅くても、高い順位に掲載される場合もあります。」

まとめると、
・一部の表示速度がすごく遅いページは、検索順位が悪くなる可能性がある
・そのページの内容が検索した人にとって、とても魅力的であれば、スピードが遅くても高い順位に掲載される場合もある

という事です。

つまり「表示速度が早ければ早いほど検索順位が良くなる」というわけではありません。
めちゃくちゃ遅ページにだけ影響します。

スピードよりも、「ユーザの検索した意図に沿った役に立つページかどうか」という事のほうが大事だということです。

「ライバルのホームページと、同じくらい魅力的なページである場合、スピードの速い遅いが検索順位に関わってくる」というイメージですね。

では、スピードは「ほどほど」でいいの?

検索順位対策だけを考えると、表示スピードが早いことの重要性は、今のところそれほど大きなものではありません。

ただし、前述したように以下のデータがあります。
——————————
スマホページが表示されるのに3秒以上かかると、
見ている人の53パーセントは、
ページを見るのを止めてブラウザを閉じてしまう。
——————————

このようにたくさんの情報があふれている現代では、ページの表示スピードが遅いことは、思った以上に閲覧者にストレスを与えています。
今後ホームページを制作orリニューアルする際は、表示スピードにも着目していただくことをおすすめします。

以下に、具体的にどんなことをするといいのかをご紹介します。

画像の重さを圧縮

ホームページで使っている画像の重さを、今よりも軽くすることで読み込み速度が改善できます。
※画像の重さは、HPのデザインを変えずに軽くできます。

ページを構成する要素を減らす

デザイン上で、画像をつかわなくても表現できるものは、画像を使わないでCSSを使うようにします。

応答の早いレンタルサーバを使う

新規でサーバを契約する場合はこの点を意識するとよいです。

他にも、いろいろ方法はあるのですがちょっとややこしいので、まずはこのあたりに気を付けていただくことをお勧めします。

メールマガジン

週に1回、火曜日にメールマガジンを発行しています。
アイプレスの代表であり、この道14年のWEBコンサルタントの野田亜友弓が毎週書いています。
このページでは、過去にメルマガでお送りした記事の一部を公開しています。

メールマガジンの詳細・ご登録はこちら

著者写真

この記事を書いた人:野田亜友弓

株式会社アイプレスの代表取締役。 大学在学中に起業し、ホームページ制作・更新・管理、Jimdoデザインカスタマイズ、リスティング運用代行などを行う。 Web活用のセミナーなどでも登壇。 上級ウェブ解析士。 2017年7月から3年ほどアメリカ在住予定。