アイプレス

中小企業・士業・コンサルタント向けのホームページ制作

社長さんに知ってほしい、売上げにつながるIT活用I-press Blog

市町村HPのバナー広告はSEO対策に有効か?

名古屋市役所
先日、お客様よりこんなご質問をいただきました。

『〇〇市役所と△△区役所のバナー広告について
継続したほうがよいかどうかご意見ください。』

「いかにたくさんの質の高いHPから自社HPがリンクされているか」
ということは、検索エンジンでの上位表示に関係しています。

それは昔も今も変わりません。

なんと、数年前は、それを自作自演で行うことができました。

自社HPにリンクをしてもらうためには
「純粋に役に立つ記事を書いて誰かのブログ等で自主的に紹介してもらう」
という方法が王道です。

しかし、それもなかなか簡単にはできないので、
「お金を払ってリンクをはってもらう」
という方法も採用されていました。

例えば、100ページからリンクをはって月に〇万円など。
しかし、そのようなサービスでは
「質の高いHPからのリンク」をもらえることは少ないです。

その点、市町村HPのバナー広告は、
比較的安価に被リンクを獲得できて
さらに「質の高いHPからのリンク」
となります。

費用対効果がお得だった時期がありました。

昔は、私も積極的に市町村のバナー広告購入をおススメしていたのですが、
今は状況が違うので、可能な限りやめていただくという方針でいます。

以下に、お客様に回答したメールをご紹介します。
(原文から少し変えています)

回答メール

私の意見としては、お金を払ってはってもらうバナーは
削除してもいいと思います。

バナーをはるのには、いくつか目的があると思いますので、
目的別に意見を記載します。

SEO効果を期待する場合

最近は、バナー広告の場合、SEO的な効果が発生しないように、
リンクの評価が伝わらない設定をしている媒体が多いです。

ご相談の2つのホームページではそういった設定はされていないため、
多少の被リンクとしての効果はあると思います。

しかし、Googleは「SEO目的の有料リンクの購入」は
推奨していません。

SEO的な効果を排除していないバナー広告を出すと
「SEO目的の有料リンクの購入」となり、
ペナルティーで自社HPの順位を下げられる可能性があります。
やめておいたほうが無難だと思います。

リンク元HPからの流入を期待する場合

<過去1年間のデータ>
〇〇市HPからのクリック数・・・***回
△△区HPからのクリック数・・・**回
(このクリック経由での問い合わせフォーム送信は記録にありません。)

※リンク元以外の全てのクリック数は*****回です。
※クリック数=ページビューではありません

このデータを見る限り、
バナー広告からの流入数は少ないですし、
流入からの成果も出ていないようです。

信用・信頼感を期待する場合

市町村等の公的機関のHPにバナーが掲載されていることで
自社に信用・信頼感を持ってもらという目的も考えられます。

この場合は継続してもいいと思います。

ただし、可能なら市町村HPの担当者に連絡し、
リンクに「nofollow」をつけてもらうことをおすすめします。

「nofollow」をつけることで、
SEO的な効果を排除できますので、
Googleのペナルティが防げます。

私の意見は以上です。
参考になりますでしょうか?

——————————

このように回答したところ、
このお客様からは、バナー広告の出稿は取りやめにしたと
ご連絡をいただきました。

インターネットの常識の移り変わりは早いです。
過去に効果的だったことが、今は逆に足を引っ張ることもあります。

もしいまSEO対策を目的に
市町村のHPにバナー広告を出している方をご存知でしたら
教えてあげてくださいね。

メールマガジン

週に1回、火曜日にメールマガジンを発行しています。
アイプレスの代表であり、この道14年のWEBコンサルタントの野田亜友弓が毎週書いています。
このページでは、過去にメルマガでお送りした記事の一部を公開しています。

メールマガジンの詳細・ご登録はこちら

著者写真

この記事を書いた人:野田亜友弓

株式会社アイプレスの代表取締役。 大学在学中に起業し、ホームページ制作・更新・管理、Jimdoデザインカスタマイズ、リスティング運用代行などを行う。 Web活用のセミナーなどでも登壇。 上級ウェブ解析士。 2017年7月から3年ほどアメリカ在住予定。