アイプレス

中小企業・士業・コンサルタント向けのホームページ制作

社長さんに知ってほしい、売上げにつながるIT活用I-press Blog

みんな使ってるLINE@っていったい何?

カテゴリー SNS

LINEは、公式の資料によると、2016年1月の時点で、日本で6800万人が使っている日本最大級のコミュニケーションツールです。

10代から50代以上まで、幅広い世代に使われています。

line

そのLINEですが、これには、個人が使う用とお店(企業)が使う用の、2種類があります。

LINE@(らいんあっと)は、ひとことで言うと、お店(企業)用のLINEです。

お店や企業名でLINE@を登録し、LINEを使っている個人のお客様に友達になってもらうと、お店とお客様で、相互にコミュニケーションができるようになるんです。

 

例えばこんなことができます。

●お友達になっているお客様に、一斉にメッセージを送信できます。メルマガよりも開封率が格段に良いようです。

●お客様にクーポンを配布できます。

●ショップカード機能があります。好きな回数を設定し、「スタンプが○個貯まったらプレゼント」などを設定できます。

ラインアットショップカード

●くじ引き機能も付いています。

●あらかじめ設定した特定のキーワードに対して、あらかじめ設定した文章を自動返信させることができます。

●お客様と一対一でメッセージのやり取りができます。もちろん、写真や動画も送れます。

などなど。

 

全くの新規客開拓というよりは、一度お店に来店したとか、営業マンと会ったとか、ホームページを見たとか、ある程度お店に興味がある人に対して、もっとお店を好きになってもらうためのフォローツールです。

既存のお客様や見込み客に、時にはクーポンを配ったり、時にはチャットをしたり、親密なやり取りをすることで、ファン化を促すんですね。

 

私の場合は、法人のお客様が多く、LINEよりもFacebookのほうが使いやすいですが、飲食店、美容院、小売店、整体院、コーチングの先生など、個人相手のビジネスをされている方は、LINE@はとても相性がいいと思います。

 

無料で始められるので、気になる方は一度お試しください。

津島市の方は、津島商工会議所の専門家派遣により、無料で私が個人的にレクチャーに行けますので、問い合わせてみてください。

津島商工会議所

津島商工会議所

http://tsushima-cci.or.jp/info/ビジネス専門家(エキスパート)無料派遣サービ/

著者写真

この記事を書いた人:野田亜友弓

株式会社アイプレスの代表取締役。 大学在学中に起業し、ホームページ制作・更新・管理、Jimdoデザインカスタマイズ、リスティング運用代行などを行う。 Web活用のセミナーなどでも登壇。 上級ウェブ解析士。 2017年7月から3年ほどアメリカ在住予定。